マンガ日和

漫画好きによる漫画好きの為の漫画ブログ

フットボールが出来るのことの喜び ジャイアントキリング30巻

ども!

記事が消えたので書き直します!MAXです!

 

ぶっちゃけ相当ショックです!

仕事しろってことかな。。。

 

 

booksday.hatenablog.com

 続き(?)です

 

ジャイキリを読んだことない人はもう30巻だけでもいいです

それだけ感動します

 

 

 

サッカーをするすべての人が知ってほしいエピソードです

 

中々良い試合が続かず、不調に陥るETU

そこで達海がした決断とは!?

 

現役復帰

 

だって俺、引退宣言とかしてないし

それに出来ると思うんだよねー

 

とのこと

当然、選手は大混乱

なぜ突然!?

決まってんだろ。使える選手がいねぇからだよ

 

と選手たちを煽ります

職権濫用と言われるわけにはいかないからな

と入団テストと銘打ってミニゲームをすることになります

そこで達海は日本代表に復帰できるかなーと漏らします

選手はどんだけ図々しいんだ!と怒りますが

達海の答えはこうでした

 

図々しも何も… 
 仕方ないじゃん
 俺はそうやってボールを蹴ってきたんだから
 
草サッカーじゃあるまいし 

生半可な気持ちでピッチに立てっかよ
 やるんだったらトコトンまで上を目指すよ 俺は
 お前らは違うの?

そして選手顔負けのプレーをします

達海の選手時代を知る記者たちは大興奮です

おいおい!ほんとにやってるよ!

あの頃の達海が戻ってきたみてぇじゃねえか!

しかし達海をスカウトし、チームの混乱時に達海を海外へ送り出した決断をした元GM、現スカウトマンの笠野さんが一言

あんたたちには、本当にそう見えるのかい?

その言葉通りか

達海は足の痛みで歩くことすらできなくなります

なんでだよ。さっきまでまるで羽が生えたようにプレーしてたじゃねえか

もう立つことすらできなくなります

もちろん結果は不合格

こんな選手いらねぇよ

と達海自ら宣言します

 

しかしこう話し始めます

やっぱ楽しいよ
プレーすんのは
これに勝る喜びは俺は未だに知らない
サポーターやファン、クラブスタッフ、

メディアの人間
スポンサーや協会のお偉いさん
監督
それ以外にもたくさん、

このスポーツには様々な業種の人が関わって
世界中で愛されている
けど間違いなく言えるのは
このフットボールって文化の主役は

お前たち選手なんだ


俺だって

もっと選手でいたかったよ
ゲームももっと出たかったし
ゴールももっと決めたかった
ワールドカップだって 

出てみたかった
 
そして タイトル

 

俺にはお前らが眩しく見えるよ

 

俺が届かなかったもんを掴める可能性だって

十分過ぎる程あるんだ
プロの1部リーグの舞台なんだぜ?

キッズの憧れってだけじゃない
 
そこまで辿り着けなかった者…
志半ばで散ってった者…
代わりに夢を託してる者…
 
お前らは
そんなみんなの憧れ…
 
プロフットボーラーなんだぜ?

 

泣ける・・・

泣けるぜ!タッツミー!!

 

サッカーが出来るという幸せ

サッカーで生活できるという幸せ

達海はそれをみんなに伝えたかった

 

お前らは違うの?

ワールドカップだって出てみたかった

タイトルも取りたかった

それらすべて現役であればできたかもしれなかった

でももう出来ないのです

 

はっきり言って泣きました

これを機にチームは変わります

 

残りの試合

ETUはどんな変化を見せていくのか

期待です!

 

 

 

 

GIANT KILLING コミック 1-37巻セット (モーニング KC)

GIANT KILLING コミック 1-37巻セット (モーニング KC)

 

 

 

いつもと違う視点でサッカーを楽しむ!ジャイアントキリング!

どもども

今日が仕事始めのMAX(@mangadays)でっす

 

今日もゆるゆる勤務中更新でいきます

 

だって年始なんて仕事ないしー

 

こうして紹介していくとサッカー漫画って意外と多いですね!

 

今日はジャイアントキリング!!

通称「ジャイキリ

(完成間近で記事が消えた・・・書き直し。とほほ)

 

 

 

これ始まったの高校の時だもんなー

 

もうこんな巻数出てるとは驚き

ジャイアントキリング自体の意味は「番狂わせ」とか「大物食い」

って意味です

 

主人公は達海猛

監督です 

新しいですねー

 

 

しかも選手としても超一流だったけれど海外へ移籍後怪我で引退。。。

 

ヨーロッパの地方チームで監督をやっていたところ、古巣のJリーグのチームから監督のオファーが来て。。。という感じで進行していきます。

 

Jリーグで毎回降格争いをするチーム、東京イーストユナイデット

(ETU)が監督を任されるチームです。

 

監督としての経歴はイングランド5部のチームでFAカップ、ベスト32

イングランド1部のプレミアリーグを戦うところまで勝ち進めました。

 

達海の言葉は「ジャイアントキリングを起こせ」

 

達海監督の哲学は

弱いチームが強いチームをやっつける。勝負ごとにおいてこんなに楽しいことがあるかよ。

 

これですねー

最初の監督会見でもだいぶビックマウスなことを宣言します

 

しかし宣言通り、ジャイアントキリングを起こしていきます

 

見どころ

 選手とは違う目線でのサッカーが楽しめる

主人公は監督です

負けていても主人公のスーパープレーで逆転とかないわけです

なぜならサッカーは選手がするんですから(当たり前)

サッカーは自由なスポーツです

ピッチに出てしまえば監督なんか関係ありません

監督が勝利へ導くことは出来ても、決定づけることはできません

さらにこの漫画は監督だけでなく、サポーター、スタッフ、スカウトマン、GM、オーナー、フロント、スポンサーと様々に選手が選手である為のドラマが隠されています

 

この辺が他のサッカー漫画と一味違いますね!

7番の後継者 椿大介

第二の主人公ともいうべき、椿大介の成長物語も注目です

特筆した何かを持っている選手ではない

しかしここぞというときに輝きを放つ

ETUの星と呼ばれた達海猛の背番号を背負います

彼は普段はおどおどしていますが

何度でもしくじれ
その代り、一瞬で観客を魅了しろ
敵のド肝を抜け
お前の中のジャイアントキリングを起こせ

この達海のひとことで椿は変わります

そしてオリンピック代表、果てはA代表

ぐんぐん成長します

「達海猛の再来」と言われた椿のプレーにも注目です

  監督・達海猛の秘密

はい

達海はETUの星と呼ばれ、海外にも移籍した日本代表のエースでした。

そんな達海が若くして監督をする理由とは?

 

俺はフットボールの神様に大きな貸しがあるからな

 

 

その言葉の意味とは!?

これらが徐々に明らかになっていきます

さらに30巻ではフットボールへの情熱が描かれています

 

 

様々なドラマが待っているジャイアントキリング

未完結ながらそろそろシーズン終盤

どうなっていくのかこれから気になります!

(本当は30巻のエピソードについて熱く執筆しましたがすべて消えたので、別記事で取り上げます泣)

 

 

GIANT KILLING コミック 1-37巻セット (モーニング KC)

GIANT KILLING コミック 1-37巻セット (モーニング KC)

 

 

 続き!

 

booksday.hatenablog.com

 

 

 

 

 

女子の葛藤を描いたサッカーマンガ!さよならフットボール

どうも!

新年からまMAXです!(@mangadays)←Twitter始めたヨ!

 

なでしこ大活躍で、女子サッカーも盛り上がってきましたね!

しかしその立役者の澤親分の引退でひと騒ぎありましたね!

 

これからの女子サッカー界に期待です!

 女子サッカーといえば最近になってやっと注目されてきたところではあります

 

実は女子サッカーの方々はプロでありながら仕事もしている人が多いんです!!

サッカーの収入だけで飯を食える人は僅かなのです・・・

 

MAXも友人の女子サッカーのプロになった人がいましたが続かなかったですねー。。。

 

あれだけ結果を残してるのに悲しい現実です

サッカーにだけ集中する環境があったらどれだけ良いか。。。

スポンサーの皆さま宜しくお願いします!!

 

ということで、女子サッカー選手の葛藤を書いたマンガがこれだ!!

 

 新装版なんかあるのか・・・

私が読んだのはこっちでした

 

さよならフットボール(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

さよならフットボール(1) (KCデラックス 月刊少年マガジン)

 
さよならフットボール(2)<完> (KCデラックス 月刊少年マガジン)

さよならフットボール(2)<完> (KCデラックス 月刊少年マガジン)

 

 

主人公は恩田希という女子中学生です

これはあれっす

 

4月は君の嘘を書いた人のマンガです

 

 

 新川ワールド全開!とかこの人のこと良く知らないので言えないですが笑

躍動感と感情の起伏が感じられるキャラクターが印象的です

 

主人公は女子高生でありながら、男子サッカー部に所属

通称藤一中のエリック・カントナ

しかし男子に通用する実力がありながら女性という理由だけでベンチにすら入れない

しかし小学生時代に子分だった幼馴染の男の子が成長し、

女子だから俺には勝てない。男子というだけで、お前を超えた位置にいるんだ

そう告げられて!?

 

友人A(名前忘れた)

ノンちゃんのフットボールには夢がある

監督

恩田が男子だったらどれだけ良かったか

 

この人のマンガのセリフって心に残るなーと思います。

 

主人公の恩田希には、年子の弟がいます

そうです、幼馴染の男の子が相手のその試合

弟を縛り付けて、髪を切って、無理やり出場します(ひどい)

しかし立ちはだかるフィジカルの壁

そこで練習中は無意識に女性というだけでみんなが手を抜いてたことに気づきます

 

でも「もっとフットボールがしたい」

その思いで自分のプレーに陥っていたが

チームの為のプレーに変わります

 

 恩田希 

ベッケンバウワーに出来て私に出来ないことはないわ

 

そこで彼女が見せたフットボールは!?

女子でありながらフットボールを愛した1人の人間を描いたマンガです!

 

もっともっと女子がサッカー出来る環境が出来ることを願います

一味違うサッカーマンガを読みたい人におすすめ!

 

 

 

 

 

あなたの常識は正しい? G.I.D

ども
あなたは現実と全く違う世界にときめく系ですか?それとも現実的なもので共感を感じるタイプですか⁉︎

漫画って現実で絶対ありえない!ってことを疑似体験をできることと実際にそうだ!ってことをそうだよね!って共感を得られるものと2タイプありますよね。

どっちのタイプの漫画が好きですか?
僕はどっちも好きです
どっちも捨てがたいですよねー
どっちも楽しみましょう!!


紹介する本は
「G.I.D」
これは少女漫画かな?

G.I.D.(上) (モーニング KC)

G.I.D.(上) (モーニング KC)

G.I.D 下―GENDER IDENTITY DISORDER (2) (モーニングKC)

G.I.D 下―GENDER IDENTITY DISORDER (2) (モーニングKC)

最近、LGBTという言葉を良く聞きます。
セクシャルマイノリティーと言われる人たちです。

この漫画は性同一性障害の女性(男性)が主人公です。

幼い頃はなぜ自分が女の子格好しなければいけないのか分からず、男性器はいつになったらもらえるんだろう?それが彼女の疑問でした。

後に自分が他と違うことに気付きます。

その中で性同一性障害であることの苦悩や世間の批判、彼(あえて彼と言います)の決心やパートナーの存在などが大きいことが描かれています

後に彼は世間に大きな影響を及ぼす存在となります

私はこのマンガを読んで、性同一性障害のことやセクシャルマイノリティーの存在について初めて知りました

それまで考えたことなかったし、同性を好きになることは単純に異常だと思っていました
しかし冷静になって考えると友人にゲイはいました
本当かどうかは分かりませんが、本人が公言してたのでそうなのかな…

彼を気持ち悪いと思ったことはなく、普通に友達の1人でした

私が考えでは、性同一性障害という「病気」と認定されることや、周りと違うこと、異常者扱いを受けることからそれを公表することが出来ず、人も自分も偽るのが苦しいのではないでしょうか

私はLGBTの方々を正常だとは思いませんが、異常だとも思いません。
正常でないというのはマイノリティー故というよりは、人間がそのように創造されていないからです。(これはあくまで私見です)

従って自然と反してる、だからといって間違っているというのはあまりに横柄ですよね

私はもっと理解したいし、学びたいです
そして人として付き合っていきたい

その人自身が自分にとってどういう存在であるかが大事ですよね
もっともっと互いが歩み寄って理解が進むことを願います

その人がLGBTかよりも
どういう人間か。
ということの方があまりにも大事だと感じます
(それは価値観の違いと言われたらそれまでですが)

LGBTの人と知り合った
ということと
知り合った人がLGBTだった
とは大きな違いがあると思います

このG.I.Dというマンガを通して、主人公はいかに「自分らしく生きるか」を訴えています

人は多かれ少なかれ、人と違う部分を持っています。
それがいわゆる世間一般でいうマイノリティーかマジョリティーかというモノサシで判断されるのはあまりにも悔しいですよね。

ということでこういったマンガを通して、知らずに悪く言う人が1人でも減ることを願いますし、自分を偽らずに生きる人が増えることを願います。

G.I.D.(上) (モーニング KC)

G.I.D.(上) (モーニング KC)

G.I.D 下―GENDER IDENTITY DISORDER (2) (モーニングKC)

G.I.D 下―GENDER IDENTITY DISORDER (2) (モーニングKC)



人間ドラマがアツいサッカー漫画 Jドリーム 完全燃焼編

モブログしないとか言ってたのに、すごい勢いでやってます
MAXです!

この移動時間が無駄にならない感…イイネ(・∀・)‼︎


完全燃焼しちゃいます!!
ワールドカップは夢だよ。やっぱり俺らの世代には、ワールドカップはずーっと夢だったんだ
ドーハ組の生き残りは鷹を含めて4人

新たな戦いが始まります!
ワールドカップはユースとは違う。色んな感情が渦巻くドロドロとした国と国同士の「戦争」だ。「仲良し」じゃ勝てないぞ。
今回はこの言葉通りアウェイの洗礼があります
クーラーが壊れてたり、夜中の間中ホテルの電話が鳴ったり、、
エースを潰すだけの為の選手がいたり、、

本当に代表選手は見えないところでも戦ってるんだなと感じます

日本ではあまりないかもですが、国によっては代表選手になれるか、プロになれるか、ワールドカップに出られるか。それが選手自身の人生や家族の運命も左右します

生きる為にサッカーしてるんですね…

今回、鷹は人間的にも成長します
※ここからネタバレ

怪我で試合に出られなくて、仲間が心配で、サッカーが出来なくて大粒の涙を流します
ネタバレしちゃってますが、伝えさせてください。このシーンは感動します

別にサッカー出来なくたって俺は鳶で食っていけるし。
とか
言ってた鷹君がですよ!!
泣くんです!!試合に出られなくて!

試合に出ると言って聞かない鷹は椅子にぐるぐる巻きに縛られます

ずっと怒って文句言ってた鷹君
みんな俺を必要としてないんだ。
とか
ワールドカップに行きたくないんだ
とか
言ってふてくされます
試合が終わればみんな戻ってくるから。
でもお母さんは戻ってこなかったよ…
うっ…
お母さん関係ないのに。。
やはり傷になってるんだなー

しかしテレビを持ってきて、試合を見るとすぐに切り替えて応援し始めます。
負けたらワールドカップに出られない
格下とはいえ負けられない戦いです

段々、鷹君も胸が締め付けられて見てられなくなります
消えるテレビ

もういても立ってもいられずピッチの方へ松葉杖をつきながら

そこで鳴った長いホイッスル
どっちだ⁉︎まさか⁉︎
戻ってくる選手達。その顔は疲労でボロボロ

勝ったぜ。

ここで鷹君は大粒の涙
こんなにもサッカーが好きなんて。鷹。お前も知らなかっただろう?
↑これは小林さん(トレーナー)の言葉。

知らずのうちに鷹は愛してサッカーをいたのです。
いやー、本当に魅力的なキャラが多い

Jドリームといえば、ゴールキーパーの浜本と富永もアツい(基本キーパー推し笑)

これは別でやりたいですねー
キーパーが魅力的なサッカー漫画みたいな笑

人間ドラマがアツいです!
語り尽くせないので読んでください!

今度は世界が舞台! Jドリーム 飛翔編

ども
スターやはてぶくださる方々本当に感謝します(≧∇≦)
続けて頑張りMAXです!


Jドリーム飛翔編!
今回はワールドユース編となるので世界が舞台です!

Jリーグの中でも若手の選手たちが活躍します

鷹くんはまだ10代の為、参加資格があるんですねー

すでにアジア予選を勝ち進んだところから物語はスタートです。
監督は無印編の時にコーチだった松木さん

これで本戦はばっちりだ!
と鷹くん加入で大盛り上がり
しかし当の鷹はユースなんかガキばっかじゃんーとふてくされ

基本的に鷹はワガママです
試合サボったりしちゃうしね


いきなりキャプテンの迫丸からケンカを売られます
アジア予選を勝ち上がったのは俺たちだ。クソ暑いサポーターもいないところで
A代表だからって簡単にはい。そうですか。と渡せるかよ
ごもっともです

鷹は
これだからガキはヤダヤダ。A代表は良かったな。みんな言うこと聞いたし
みたいな感じです。1番年下だけどね

しかしブランクはあるもののちゃっかり勝利
キャプテンマークをゲットします

この時に仲間になるのが100メートル11秒フラットの俊足フォワードの仲居君
隣の高校でサッカーやってたのを目を付けて連れてきました


今度は世界が舞台ということで最大のライバルはイタリア!
個人的にはアルゼンチン戦が好きです

マラドーナの再来と言われた男が日本代表に絶望を与えます

今回は鷹の恋愛模様も描かれます

Jドリームは1人1人の人間としてのドラマがあり、それが繊細に描かれています

みんな色々あったんだな…
でも乗り越え成長してここに立ってるんだな
良い仲間に出会えて良かったな
みたいなほっこりした気分になります


基本的に個性的な人が多いJドリーム

敵味方問わず描かれる人間模様にも注目です!!

Jリーグやワールドカップ予選の本当の戦いが分かるサッカー漫画 Jドリーム

どもー
MAXですー

気付いてしまった
完結してるマンガの方が紹介される側にとっては有難いですね
一気に読みたいよ!!って感じになるし

あの完結したあとのなんとも言えない喜びと寂しさが混ざった感情に誰か名前をつけてください

私の大好きなサッカー漫画!
なんかあんまり共感されないんですよね…
知ってる人も少ないし

時はJリーグの創設期
プロとは何か?
お金をもらってサッカーをするとはどういうことか?
「脚」に値段を付けられることの重み

そんなプロリーグ発足時の本橋選手の苦悩を描いてる1巻

Jドリーム (1) (講談社漫画文庫)

Jドリーム (1) (講談社漫画文庫)


そして浦和レッズのセレクションに突如現れた弱冠15歳の主人公・赤星鷹
選手の新旧交代をユズリハの木に例えられて、描かれています

その後、なんやかんやあって(ここにもドラマが)鷹は浦和レッズの一員となります

まずは2軍からということでしたが、そこの試合で5得点を挙げ、大抜擢で1軍へ

そして本橋選手と交代して鷹が一軍の試合に出ます
この日、弱冠15歳の170センチに満たない少年が1つのチームを支配し始めた
こんな感じで本格的に物語は始まっていきます。(上の引用は曖昧です笑)

この鷹という少年は母親に捨てられ(作中で真の理由が分かります)、鳶職の父親から鳶職の技術を叩き込まれて、共に生計を立てていましたが、ある時に父親からも捨てられます
鷹の給料ピンハネして蒸発してしまいます

鳶の技術はあった為、その日暮らしで生活していましたが新聞にあった、サッカーのプロ化、ワールドカップのボーナス、ひと蹴りで1000万というフレーズに引かれ、再びサッカーを始めます。

鷹のサッカー歴は?
母親に捨てられた時に渡されたサッカーボールでずっと遊んでいた鷹は1人でずっとサッカーしていた為、「孤独が鷹の足首を黄金にした」と言われています。

関節が異常に柔らかく、鳶職で鍛えられたバランス感覚で体力はないものの圧倒的なボディバランスと柔らかい足首でスピンのかかったパスを放ちます。

鷹の武器は「カミソリのようなスルーパス」「強力なカーブのかかったプレースキック」です。
(プレースキックとは、フリーキックコーナーキックなどの止まった状態からボールを蹴ることの出来るシーンのこと)
それとズル賢さですね笑
サッカーは騙し合い。
フェイントこそが俺のサッカー。
これが鷹のサッカー観です!
勝つ為なら敵を煽ったり、ファールしたり、足を削ったり笑
なんでもやります笑

途中から舞台はワールドカップ予選へ
最大のライバルは韓国

果たして鷹は、日本の道案内が出来るのか⁉︎
そして日本代表はワールドカップへ出場出来るのか⁉︎
無印編ではJリーグ発足〜ワールドカップ予選(ドーハの悲劇)まで
この漫画は本当に面白い!



当サイトで紹介している商品の一部にはAmazon、楽天を含め、 アフィリエイトプログラムとの提携によるものがあります。