読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンガ日和

漫画好きによる漫画好きの為の漫画ブログ

フットボールが出来るのことの喜び ジャイアントキリング30巻

ども!

記事が消えたので書き直します!MAXです!

 

ぶっちゃけ相当ショックです!

仕事しろってことかな。。。

 

 

booksday.hatenablog.com

 続き(?)です

 

ジャイキリを読んだことない人はもう30巻だけでもいいです

それだけ感動します

 

 

 

サッカーをするすべての人が知ってほしいエピソードです

 

中々良い試合が続かず、不調に陥るETU

そこで達海がした決断とは!?

 

現役復帰

 

だって俺、引退宣言とかしてないし

それに出来ると思うんだよねー

 

とのこと

当然、選手は大混乱

なぜ突然!?

決まってんだろ。使える選手がいねぇからだよ

 

と選手たちを煽ります

職権濫用と言われるわけにはいかないからな

と入団テストと銘打ってミニゲームをすることになります

そこで達海は日本代表に復帰できるかなーと漏らします

選手はどんだけ図々しいんだ!と怒りますが

達海の答えはこうでした

 

図々しも何も… 
 仕方ないじゃん
 俺はそうやってボールを蹴ってきたんだから
 
草サッカーじゃあるまいし 

生半可な気持ちでピッチに立てっかよ
 やるんだったらトコトンまで上を目指すよ 俺は
 お前らは違うの?

そして選手顔負けのプレーをします

達海の選手時代を知る記者たちは大興奮です

おいおい!ほんとにやってるよ!

あの頃の達海が戻ってきたみてぇじゃねえか!

しかし達海をスカウトし、チームの混乱時に達海を海外へ送り出した決断をした元GM、現スカウトマンの笠野さんが一言

あんたたちには、本当にそう見えるのかい?

その言葉通りか

達海は足の痛みで歩くことすらできなくなります

なんでだよ。さっきまでまるで羽が生えたようにプレーしてたじゃねえか

もう立つことすらできなくなります

もちろん結果は不合格

こんな選手いらねぇよ

と達海自ら宣言します

 

しかしこう話し始めます

やっぱ楽しいよ
プレーすんのは
これに勝る喜びは俺は未だに知らない
サポーターやファン、クラブスタッフ、

メディアの人間
スポンサーや協会のお偉いさん
監督
それ以外にもたくさん、

このスポーツには様々な業種の人が関わって
世界中で愛されている
けど間違いなく言えるのは
このフットボールって文化の主役は

お前たち選手なんだ


俺だって

もっと選手でいたかったよ
ゲームももっと出たかったし
ゴールももっと決めたかった
ワールドカップだって 

出てみたかった
 
そして タイトル

 

俺にはお前らが眩しく見えるよ

 

俺が届かなかったもんを掴める可能性だって

十分過ぎる程あるんだ
プロの1部リーグの舞台なんだぜ?

キッズの憧れってだけじゃない
 
そこまで辿り着けなかった者…
志半ばで散ってった者…
代わりに夢を託してる者…
 
お前らは
そんなみんなの憧れ…
 
プロフットボーラーなんだぜ?

 

泣ける・・・

泣けるぜ!タッツミー!!

 

サッカーが出来るという幸せ

サッカーで生活できるという幸せ

達海はそれをみんなに伝えたかった

 

お前らは違うの?

ワールドカップだって出てみたかった

タイトルも取りたかった

それらすべて現役であればできたかもしれなかった

でももう出来ないのです

 

はっきり言って泣きました

これを機にチームは変わります

 

残りの試合

ETUはどんな変化を見せていくのか

期待です!

 

 

 

 

GIANT KILLING コミック 1-37巻セット (モーニング KC)

GIANT KILLING コミック 1-37巻セット (モーニング KC)

 

 

 

当サイトで紹介している商品の一部にはAmazon、楽天を含め、 アフィリエイトプログラムとの提携によるものがあります。